お店の中の音楽

私たちが何気なく店に入るとどこでも音楽が流れています。
たとえばスーパー、コンビニ家電量販店などではオリジナルの店の歌を流していたりします。
気がつけば口ずさんいでしまうほどです。

それは店の狙いでアップテンポの曲で購買意欲を高める効果があるようです。
私はそれ以外に効果があることに気づきました。
口ずさんでいると、以前に買った物を思い出すことです。

去年ゆるくクーラーが かかった店内で扇風機を買っていたことをおもいだしました。
在庫確認のため裏まで行った定員がなかなかもどってこなかったことまで思い出させてくれました。


人気のシミ取り 化粧品 口コミについてはこちらへ。


激安店

激安店では大きな音量で激しい音楽が使われています。
一緒に行った人と話すもの嫌になるほどです。
そうなると早くでたくなります。
結果ついでにこれもあれもとあまり安くないものまで 買ってしまうことになります。

激安店の音楽が大音量なのは景気づけというよりは客の回転率を上げる効果があると言えます。

ショッピングセンターでは激安店と違ってゆっくりとした音楽が流れています。
きっとゆっくりと長い時間すごしてほしいからでしょう。テナントごとにも音楽が流れています。

そんな中音楽のかかっていない店に入るとかかっていた店に比べて長居出来なかったりすることがあります。

人はしらないうちに音楽にコントロールされて買い物をしているようです。
影響されないように買い物するのは至難の業を言えるでしょう。
大抵の人は、自分の声が違うことに気が付きます。

現代のボイストレーニング

旧来のボイストレーニングは、いかにも体育教師的な、気合で身につける!といった学校が少なくありませんでした。

なぜなら、歌唱力が高くても「なぜ自分がうまいのか」をわかっていなかったためです。これでは教えることはできません。

しかし、現代のボイストレーニングは違います。
科学と実践が融合して、万人に通用する教え方をプロが考えています。
歌唱力の高い教師が、科学的上達方法について学んで、皆さんの歌唱力を例外なくあげることができるようになっています。

昔とは違うボイストレーニング、受講してみてはいかがでしょうか。
音楽に興味があるなら、ボイトレ教室に通ってみてはいかがですか?


行政書士 資格を取得したい方はこちらへ。


このページの先頭へ