バイアグラとプロテアーゼ阻害剤について

バイアグラとプロテアーゼ阻害剤(製品名:サキナビル等)HIV治療

プロテアーゼ阻害剤の場合、バイアグラの濃度は最大で約11倍になります。
同じく、副作用の危険性も11倍と比例します。
これらはバイアグラが肝臓で分解される際に酵素の働きを抑制するので、分解されないまま体内に戻されることになります。

その効果がより強い抗生物質ケトコナゾールやイトラコナゾールでは、さらに濃度が高まると予想されます。
ケトコナゾールは真菌症などに使う抗真菌薬で、適応症として白癬やカンジダ病など、主に外陰部の病気に使われます。

外陰部の病気を持ちながらバイアグラを飲むということもあまり考えられないので、これも除外できます。
ケトコナゾールは塗り薬がほとんどなので、その場合はバイアグラを飲んでも相乗作用はありません。

もし、ケトコナゾールを塗り薬ではなくて服用する場合、バイアグラの服用量を半分程度に抑える必要があります。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP